第15回  七草がゆ                          2006.1 


  1月7日の朝に・・・

  七草がゆとは正月7日の朝に、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・
  ホトケノザ・スズナ・スズシロの七草の入ったかゆを食べて、その年の
  無病息災を願います。七草がゆには、新年のごちそうやお酒で疲れてい
  る胃腸を休ませ、野菜が乏しい冬に、ビタミン・ミネラル豊富な青菜で
  栄養バランスを整えるという古人の知恵があります。

  快眠術で夏バテ防止

  
セリ ・・・胃腸を整え、便秘、冷え性、風邪に効果的。

   ナズナ(ペンペングサ)
       ・・・視力改善、高血圧、貧血、風邪の予防になる。

  
ゴギョウ(ハハコグサ)

      ・・・吐き気を止める。せき、たん、熱をとり風邪の予防になる。

  
ハコベラ(ハコベ)
      ・・・整腸効果・利尿作用がある。口臭予防になる。

  
ホトケノザ(コオニタビラコ)
      ・・・打撲・筋肉痛・歯痛をなくす。潰瘍予防にもなる。

  
スズナ(カブ)
      ・・・消化促進、コレステロール低下、便秘、貧血、骨粗しょう症
         予防になる。

  
スズシロ(ダイコン)
      ・・・消化促進、解熱効果、便秘、たんを止める。


  
  @米はよく洗い、30分以上水につけてから、ざるで水けをきる。
  A七草はゆでて水にとり、水けを絞って細かく刻んでおく。
  B土鍋に洗ったお米とお米の56倍の水を入れ、初めは強火で炊き、
   吹き出しそうになったら弱火で2030分炊く。
  C火を止める直前にAの七草を入れ、塩で味をととのえる。