第160回    溶連菌感染症   2019.10                   



    溶連菌感染症とは、主に“喉”に感染して、咽頭炎や扁桃炎、それに
   小さく紅い発疹を伴う猩紅熱(しょうこうねつ)といった病気を引き起
   こします。
   特に11〜4月頃、子どもを中心に感染する傾向があります。






   溶連菌が起こす病気

   粘膜
   咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、中耳炎、副鼻腔炎など

   皮膚・軟部組織
   伝染性膿痂疹、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、丹毒など

   その他
   肺炎、菌血症、トキシックショック症候群など





    溶連菌感染症の症状・特徴

   症状のの代表的なものは38〜39度の熱・喉の痛み・嘔吐。
   風邪の症状と似ています。そして、小さくて紅い発疹が体や手足に現れ
   たり、舌に苺のようなツブツブが出来たりします。
   発疹の後に手足の皮膚が剥けることもあり、他に頭痛、腹痛、首すじの
   リンパ節の腫れもみられます。




    治療方法

   水分補給を十分に行うこと。
   有効な抗生物質をきちんと飲むことが大切です。
   喉に強い痛みがあることが多いため、「熱い」「辛い」「酸っぱい」
   等の刺激が強いものは避けて下さい。喉ごしがよく、消化のよい食事
   にしましょう。(ゼリー・ヨーグルト・お粥・煮込みうどん等)

   食べるのが辛いようでしたら、水分だけでもしっかり摂りましょう。