第24回  ストレッチ                      2006.10 


  ストレッチは全身の代謝を上げ、エネルギー消費量をアップしてくれる効
  果があります。ほかにも、怪我の予防や柔軟性の向上に血行促進、運動に
  よる疲労回復にも役立ちます。また、身体の歪みを矯正したり、ダイエッ
  ト効果もあります。慣れないうちはついつい力が入りがちですが、それで
  は十分に効果が得られません。ゆったり、のんびりと、心も身体もリラッ
  クスさせることが大切です。


   ストレッチの方法

  肩のストレッチ  ・・・頭の後ろで片手を背中に付け、もう片方の手で肘
              を持ち頭の方へ引き寄せます。両腕交互にやりま
              しょう。


  脇のストレッチ  ・・・両手を頭上で組んで、上体を片方ずつ傾けます。

  背中のストレッチ ・・・四つんばいになって、そのまま腰を沈めて、背中
              を伸ばします。


  股関節のストレッチ・・・あぐらをかくようにして座り、両方の足の裏を合
              わせます。そのまま股関節を開いていきます。


   ストレッチを行う時のポイント

   無理をしない ・・・痛いのを我慢せず、心地よく我慢できる程度にしま
            しょう。

   息を止めない ・・・息を止めると筋肉が緊張して収縮してしまいます。
            自然な呼吸でリラックスして行いましょう。

   弾みをつけない・・・弾みをつけると筋肉がビックリして縮もうとします。
            反動をつけずにゆっくり伸ばしましょう。

   軽く身体を温めてから・・・事前にその場で足踏みや屈伸をして身体を温
            めましょう。

   定期的に行う ・・・たまにたくさん行うよりも、少しずつでも毎日行う
            方が効果的。