第50回  風邪対策                         2004.11


  

  風邪はウイルスの感染によって起こるのが殆どです。
  疲労・睡眠不足・発熱・栄養の偏り・寒さなどで、抵抗力が落ちた時に発
  病します。「風邪は万病の元」油断は大敵です。外出後の手洗い・うがい・
  マスクの着用など、ポイントを押さえて予防しましょう。

  風邪予防のポンイト


  @手洗い・・・流水で3060秒手を洗う。石鹸を使う場合でも、20秒ぐ
         らいは手を洗う。
  
Aうがい・・・1度口をゆすいでから、喉の奥まで15秒程度2回うがいを
         する。お茶に含まれるカテキンは強い殺菌効果がありますの
         で、お茶でうがいをするとより効果的です。
  
Bマスク・・・風邪を予防するには喉のうるおいを保つことがとても大切で
         す。マスクは冬の乾燥した空気から、のどのうるおいを守り
         ます。


  咳エチケット


   咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔を
    そむけ1m以上離れましょう。
   鼻水・痰などを含んだティッシュはすぐに蓋付のゴミ箱に捨てるように
    しましょう。鼻水・痰が乾くと飛散して感染源になります。
   咳をしている場合はマスクを着用しましょう。マスクをすることによっ
    てウイルスの拡散を防ぐ効果は認められています。他人にうつさないた
    めにもマスクを着用しましょう。
  
※マスクの着用は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

  風邪回復のポイント

  
  
たくさん睡眠をとり、心身を休める
  体を温かく保ち、のどの乾燥を防ぐ
  消化がよく栄養のあるもの(たんぱく質・ビタミンB1・C)を摂る
  熱がある場合は、水分をたくさん摂る
  手洗い・うがいで常に清潔に保つ
  
※ 風邪をひいた場合は、薬を服用するだけでなく、上記のことも心がけま
    しょう。


  12月は何かと忙しい日が続きますが、暴飲暴食をせず、疲れを残さないよ
  う気をつけましょう。