第52回  インフルエンザ              2009.2

    

  今、最も流行している【インフルエンザ】についてお送りいたします!

  インフルエンザとは

  インフルエンザウイルスの感染によって起こる病気です。ウイルスに
      感染した患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを鼻やのどから吸い込
  む事によって感染するのです。
【飛沫感染】

  インフルエンザと風邪の違い
   インフルエンザ

    感染力が強く、ウイルスは気管の粘膜で急激に増加する
           【短期間に広く感染する】
    38
度以上の高熱が出る
    咳・痰・鼻汁・のどの痛みetc【呼吸器の炎症】
    頭痛・筋肉痛・関節痛など全身の症状
   
悪化すると死亡することもある

      インフルエンザ  
    感染力は弱く、徐々増加する
    のどの痛み・鼻水・鼻づまり・発熱 ・咳etc
    のどや鼻など局部的な症状
   
   
※インフルエンザは普通の風邪とは違い、症状が重く、死に至る場
    合があります!


  インフルエンザの発症と経過
  @ウイルスに感染してから、13日間の潜伏期間を経て発症する。
  A38度〜40度近くの高熱が出る。
  B頭痛・筋肉痛・関節痛の全身倦怠感に加え、喉の痛み・鼻水・咳が出る。
  C発熱は、およそ3日〜1週間程つづく。

  インフルエンザが流行している今!できる事は・・・
   外出時は、できるだけ人ごみは避けるようにし、マスクを着用する!
    【空気感染する為】
   外出後は、必ず手洗い・うがいをする!
   ウイルスは、乾燥した所の方が繁殖しやすいので、加湿器を置くなど、
    部屋の湿度を保つようにしましょう!
  
暖房器具を使うこの季節、定期的な部屋の換気も行いましょう。
   ウイルスに負けない体力作りを心がけましょう。
  【規則正しい生活を!】

  
ウイルスに感染したと感じたら、すぐにお近くの医師に診てもらいま
   しょう
  
予防接種をしても感染する可能性があります!上記の予防策を参考に、
   ウイルスから身を守るようにしましょう!