第33回  口内炎                       2007.7 


  【貧血】とは、血液中の赤血球の減少や、赤血球に含まれるヘモグロビンが
  欠乏している状態の事を言います。ヘモグロビンは、肺で取り入れた酸素を
  筋肉等の組織に運び、体内に出た害となる二酸化炭素を肺から放出する重要
  な働きがあります!その為、ヘモグロビンが欠乏すると、体内が酸欠状態に
  なり、様々な症状が表れるのです!
   貧血の7が、ヘモグロビン形成の主成分となる鉄分が不足して起こる、
  
鉄欠乏性貧血にあたると言います。
  「貧血には、鉄分を摂ると良い!」というのはここからきているのです。


  

  
めまい・立ちくらみ・頭痛・肩こり・むくみ・動悸・息切れ・体がだるい
  疲れが取れにくい・集中力が欠ける・顔色が悪い・唇の色が悪いetc


  

  
  
一過性の出血ではなく、潰瘍や子宮筋腫、痔etc徐々に鉄分が奪われる
   成長期や妊娠中は、特に普段よりも鉄分が不足しがちになる
   偏った食生活や無理なダイエットは、栄養が偏り、鉄分の不足にも繋がる
   夜には、体内の鉄分が減少する傾向にある為、同じ栄養を摂取していても
    不規則な勤務や生活の方は、貧血になりやすい
   激しい筋肉を使った運動をする人は、鉄分が不足しがちになる


  

  
【動物性食品】レバー(牛・豚)・牛肉・赤身の魚(マグロ・カツオetc
         アサリ・牡蠣・煮干し・いわしの丸干しetc

 
  
【植物性食品】ほうれん草・小松菜・切干大根・海藻類(ひじき・のり)
         大豆・豆製品(納豆・きな粉・高野豆腐etc
         種実類(ごま・松の実・アーモンドetc

  
ビタミンCやタンパク質は、摂取しにくい鉄分の吸収を高める効果が
    あります!

   
上記の食材を摂り入れつつ、バランスのよい食生活を心掛けましょう!
  
  
貧血は、一般的な血液検査ですぐにわかります。
    気になる症状がある方は、お近くの医師に診てもらいましょう!