第45回  薬の豆知識                         2008.7 


  りんごは、一年中出回っていますが、秋から冬にかけての物が香り高く、
  おいしいです。また、身体に良い成分もたくさん含んでいるので、積極的
  に食べたい果物です。


   生活習慣病の予防に
  りんごは、血中のコレステロールを下げ、血糖の上昇を抑える食物繊維や、
  塩分を体外に排出するカリウムをたくさん含んでいます。「1日1個のり
  んごは医者要らず」と言われるくらい健康的な果物です。


   下痢にも便秘にも効果的
  胃腸に優しいりんごは、下痢の時に皮ごとすりおろしたり、煮りんごにし
  て食べると、治りが早くなります。食物繊維のペクチンが腸に働き、腸内
  細菌を増やして、下痢を起こしている菌を殺すからです。便秘の時にも、
  ペクチンの働きで腸を活発に働かせ、便通を良くします。ペクチンは皮に
  多く含まれているので、そのまま丸かじりでもいいのですが、効果を早く
  得るためには、すりおろしりんごが効果的です。


   りんごの表面のテカテカは何?
  りんごの表面が、油っぽくぬるぬるしていたり、べとつくようなものがあ
  りますが、これはワックスや防虫・防カビなどの薬剤ではありません。
  これは、りんごが熟すると、果肉中にリノール酸やオレイン酸が増加して
  おきる現象です。テカテカしてくると食べ頃の証です。


   煮りんごの作り方


  《材 料》
    りんご  2個 
    砂糖   100g(好みで調節してください)
    水    200ml 
    レモン汁 大さじ1

  《作り方》
   @ りんごは皮をむき、適当な大きさに切る。
   A 鍋に材料を全部入れて、火にかける。
   B 時々かき混ぜながら、りんごが透き通って柔らかくなったら、火を
     止める。
   C 冷まして、お皿に盛り付けたら出来上がり♪

   そのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトやパンの上にのせて
     食べてもおいしいですよ♪