本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第106回 金属アレルギーivacy policy
2013.8


指輪やネックレス、ピアス、腕時計といった金属製のアクセサリーを身につけたあと、皮膚と接触していた部分がかゆくなったり、肌が赤くなったりしたことはありませんか?そのような症状があれば、「金属アレルギー」かもしれません。一度なると一生続くため、なかなか厄介なものです。

金属アレルギーとは?


 普段身につけているアクセサリーや日用品に使われている金属に接触した部分に一致して、アレルギー反応による湿疹(皮膚が赤く腫れたり、かゆみ、水ぶくれなど)を起こすものです。

 一番起こりやすい状態は、ピアスを初めてつける時です。ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接するため、アレルギー反応を起こしやすいのです。また、稀なケースでは、歯科治療の金属が原因で、金属アレルギーになることもあります。


原因は?


金属アレルギーは誰にでも起こるというわけではありません。身につけた金属の種類とつけている人の条件によります。汗をかくことの多い夏に身につければ発症しやすくなります。これは、汗は酸性で金属は酸に弱いため、金属が溶けるからです。そのほかに、体質などさまざまな要因が組み合わさって、アレルギーが引き起こされます。

アレルギーを起こしやすい金属…
  ニッケル・クロム・コバルトなど
アレルギーを起こしにくい金属…
  プラチナ・チタン・金・銀・鉄など


対処法は?


自分が金属アレルギーだと気がつくのは、身体に何らかの症状が出始めてからのことが多いと思います。初期段階で皮膚科を受診すれば、ひどくなることを避けることができます。自分が金属アレルギーか疑わしい場合には、まず病院を受診しましょう。

金属アレルギーを起こしてしまった場合は、その金属の使用を中止しましょう。金属アレルギーの疑いがある場合、原因となる金属を病院で調べる方法「パッチテスト」があります

日頃からアクセサリーなどを身につける際は、なるべくアレルギーを引き起こしにくいものを選びましょう。最近では「ニッケルフリー」と表示されたニッケルを使用していないアクセサリーも販売されています。

汗をかきやすい夏やスポーツをする時は、できるだけ金属製アクセサリーの使用を控えるようにしましょう。