本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第107回 乗り物酔いivacy policy  2013.9


乗り物に乗ると、顔面が青白くなり、気分が悪くなったり、吐いてしまうことがあります。これは乗り物の揺れが原因で、乗り物酔い(動揺病(どうようびょう))と言います。乗り物の種類により、車酔い、船酔いともいわれています。

乗り物酔いとは?


船、自動車、バス、飛行機などの乗り物がゆっくりと揺れることで、体のバランスをとっている耳の中の器官、三半規管(さんはんきかん)がバランスをとれなくなることによって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすといわれています。主に、加速したり、減速したり、縦や横に揺れたりすると、起こってきます。三半規管は、自分のバランス状態を知るために必要な器官で、耳の鼓膜の内側にあります。


症状は?


軽い場合は、めまい・あくびなどの症状が起こります。ひどくなると、吐き気・嘔吐(おうと)・動悸(どうき)・冷や汗などの自律神経の変調のような症状が起こります。嘔吐が激しい場合、脱水などを起こし重症になることもあります。


乗り物酔い対策!


乗る前
@ 前日は十分に睡眠をとり、食べ過ぎないようにしましょう。
A 服装は、体を締めつけるものを避け、ゆったりしたものを着ましょう。
B 酔う心配がある場合は、乗る30分程前に酔い止めの薬を飲みましょう。

乗った後
@ 揺れの少ない場所に座りましょう
バスや自動車は、車両前方の進行方向が見える席に座り、タイヤの上は避けましょう。船は、中央部分が揺れが少なくなります。飛行機は機体の中心よりやや前寄りの重心周辺が揺れが少ないようです。

A 読書や携帯ゲームの使用は避け、遠くの景色を眺めるようにしましょう。

B 同乗者とのおしゃべりや、歌やゲームで気分をまぎらわせましょう。

C 眠っていれば酔いません。

D 酔ってしまったら、乗り物から降りてしまうことが最も良い方法ですが、できない場合は横になって、ベルトや衣服をゆるめ、複式深呼吸をしましょう。頭部を冷やしたり、室内の換気をよくするのも効果的です。


乗り物酔いを克服して、楽しく乗り物を利用しましょう!