本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第108回 認知症 rivacy policy  2013.10


「もの忘れ」は誰にでも現れる老化現象の一つで、もの忘れを本人が自覚しており、何かの拍子に思い出したりする場合は、心配ありません。自分が忘れていることへの自覚がない、新しいことが全く覚えられない、日時や場所が分からなくなるといった場合は、「認知症」かもしれません。

「もの忘れ」は歳のせい?


認知症の原因として、最も多い病気が「アルツハイマー型認知症」です。加齢による「もの忘れ」と、アルツハイマー型認知症の初期症状で見られる「もの忘れ」には、はっきりとした違いがあります。加齢によるもの忘れでは、「昨日、何を食べたか思い出せない」ことはあっても、「食事をしたこと」は覚えています。一方、アルツハイマー型認知症が疑われるもの忘れでは、「食事をしたこと」自体を忘れてしまうことが特徴です。


こんな変化は要注意!


最近、ご家族の次のような症状が気になった経験はありませんか?
同じ話をくりかえす
置き忘れる・しまい忘れる
ものの名前が出てこない
だらしなくなった
知っている人の名前が思い出せない
ささいなことで怒る
約束をすっぽかすことが増えた
外出をおっくうがる
財布を盗まれたという
理由もないのに気がふさぐ


「もの忘れ」の進行予防には「楽しいことを積極的に」行うことが効果的!


脳の機能は、使わないことでどんどん衰えていきます。家事を積極的に行ったり、趣味を楽しむ時間を持つことが脳に良い刺激を与えます。体験的に身につけたことや得意なことは、もの忘れが進んでからでも上手にできることが多いです。楽しんでできることであれば、料理や家事なども立派なリハビリになります。


 少しでも「おかしいな」と思ったら、早めに医師にご相談ください。認知症かどうかは、「神経内科」や「精神科」、「老年科」など専門医がいる医療機関で診断が可能です。「もの忘れ外来」など、専門外来を設けている医療機関を受診するのも良いでしょう。