本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第110回
インフルエンザウイルスの消毒について
2013.12


季節性インフエンザは例年、12月から3月くらいまでの間に流行のピークを迎え、いったん流行すると急速に感染が広がります。インフルエンザウイルスは、咳やクシャミで出た飛まつを吸い込んだり(飛まつ感染)、ウイルスの付着したモノ(飛まつが付着したモノやウイルスがついた手で触れたモノ)を触った手から、目、鼻、口の粘膜に感染する(接触感染)と考えられています。そこで、今回は接触感染を防ぐ消毒の方法についてお伝えします。

インフルエンザウイルスが「モノ」の表面上で生存し、人への感染力があるのは2〜8時間程度といわれています。そのため8時間以上放置しておけば、「モノ」から感染する心配はありません。しかし、8時間以上も放置できなかったり、インフルエンザにかかった人が頻繁に触れるなどして心配な場合は、流水と洗剤でウイルスを洗い流すか、以下の方法で消毒をしてください。

インフルエンザウイルスの消毒には、
加熱(80℃以上、10分間)、塩素系消毒液、消毒用アルコール(エタノール76.9〜81.4vol%)による消毒のいずれも有効とされています。塩素系消毒液の有効成分(次亜塩素酸ナトリウム)は、市販の「家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチ等)」に含まれています。商品の表示に従って水で薄めて使ってください。


消毒の例

あらかじめ汚れを落としてから、消毒してください

<手指>石けんと流水でよく洗い流すことが基本。消毒用アルコールを使用してもよい。

<食器や調理器具など>洗剤を使用し、通常通り洗う。

<寝具・シーツ・衣類など布製品>
洗剤を使用し、通常通り洗濯する。洗濯機にかけられないものは、8時間程度干す。鼻水などが付着しているものは、静かに水の中で洗った後、塩素系消毒液に30分浸してから洗濯機にかける。

<インフルエンザにかかった人が頻繁に触ったモノ>
例:ドアノブや照明のスイッチ、椅子、テーブル、蛇口、おもちゃなど
洗うことが可能なものは、水と洗剤で洗い流す。洗うことができないモノは、布やペーパータオルに十分に消毒用アルコールを含ませて拭き、自然乾燥させる。または、塩素系消毒液に清潔なタオルを浸して拭き取り、10分後に水拭きをする。

消毒剤の噴霧は、不完全な消毒やウイルスを飛び散らして汚染を広げてしまう可能性があります。特殊な場合を除いては、噴霧消毒は避けましょう。