本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第113回             2014.3
むずむず脚症候群
(レストレスレッグ症候群)

  


寝ている間に足に不快感を覚え、無性に足を動かしたくなったり、よく眠れなくなったりすることはありませんか?そのような症状があれば、「むずむず脚症候群」かもしれません。あまり耳馴染みのない病気ですが、この病気に悩まされている人は意外と多く、およそ200万人の日常生活に影響を与えているともいわれています。

症状の特徴は?


脚の不快な感覚は、「ほてる」「虫が這う」「痛い」「かゆい」などさまざまな言葉で表現され、その感覚は脚の表面ではなく、奥のほうに感じます。また、 脚を動かしたいという強い欲求にかられます。

症状は、ゆっくり座っている時や横になっている時に現れたり、強まったりします。また、じっとしていても仕事や趣味などに集中している時は、症状が現れにくいことが分かっています。

脚をこすり合わせたり、さする、たたく、足踏みをする、ひどい場合は歩き回るといった「脚を動かす」ことで、症状が軽くなったり消失します。

症状は通常、夕方から夜間にかけて現れたり、強まります。特に夜寝る時に現れやすいため、不眠の要因にもなります。十分な睡眠をとることができなくなった結果、日中に極度の眠気に襲われたり、うつ状態になったりするなどして、日常生活に重大な支障をきたすこともあります。


原因は?


原因が特定できない特発性(一次性)と、他の病気や妊娠、服用している薬剤が原因となって起こる二次性があります。多くは発症原因の分からない特発性(一次性)で、遺伝や鉄の欠乏、脳のドパミンの機能障害などが関係していると考えられています。二次性を引き起こす代表的な病気には、鉄欠乏性貧血、慢性腎不全(とくに透析中)、パーキンソン病などがあります。また、月経過多や妊娠による鉄分不足や、さまざまな薬剤の服用などが原因になることもあります。


どのような病院を受診すればいい?


脚に症状が出ることから、受診は整形外科や皮膚科を考えるかもしれませんが、受診すべきは神経科や精神科になります。気になる症状がある場合は、ご相談ください。