本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第120回 白内障
2014.10


白内障は、年をとるにつれ誰にでも起こりうる目の病気です。そのため、昔は老化現象の一つなので仕方がないと思われていました。しかし、最近は白内障にもいろいろなタイプがあり、その原因も少しずつ解明されてきました。それにつれて、予防や早期発見の大切さが指摘されています。


どんな病気?


白内障は、目の水晶体という部分が濁ってくる病気です。原因により、加齢に伴って起こる加齢性白内障、子供に見られる先天白内障、糖尿病などの代謝異常が原因となって起こる代謝性白内障、アトピー性皮膚炎の眼合併症として起こるアトピー白内障、ぶどう膜炎などの他の眼疾患に合併して起こる併発白内障、ステロイドなどの薬物によって起こる薬物中毒性白内障、外傷が原因で起こる外傷性白内障などに分けられます。
そのうちの7割以上を占めるのが加齢性白内障です。個人差はありますが、早い場合では40歳代後半から始まり、加齢とともに増え、80歳代ではほとんどの人に何かしらの症状が見られるといわれています。
一方、糖尿病白内障やアトピー白内障は、比較的若年層に発症することが分かっています。


症状は?


初期にはこれといった症状は見られませんが進行すると以下のような症状が見られます。

■目がかすみ、ぼやけて見にくい
■ものが二重三重にだぶって見える
■光(晴れた日の屋外や、車の対向車のライト)がまぶしく感じる
■遠くが見えにくく感じるために、近視が進んだように感じる


●自分でできる予防


@紫外線を避けましょう!紫外線は、加齢性白内障の原因の一つといわれています。紫外線よけにはサングラスを使う方が多いようですが、隙間から入ってくる紫外線をシャットアウトすることはできません。そこで、麦わら帽子のようにつばの広い帽子をかぶり、さらにサングラスをすることをおすすめします。

A糖尿病になると白内障が進行しやすくなります(糖尿病白内障)。糖尿病などの生活習慣病にならないように、普段から生活習慣に気を付けましょう!

※白内障の症状はゆっくり進行します。そのため、おかしいなと思いつつ、放置している人が沢山います。50歳前後からは、年に一度は目の検査を受けることが大切です。