本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第122回 中耳炎
2014.12


耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分かれますが、この「中耳」の部分に細菌やウイルスなどが感染して炎症が起きたり、液体がたまる病気のことを「中耳炎」といいます。耳の痛みや発熱、難聴などが起こります。誰にでも起こる可能性のある病気ですが、特に耳管が太くて短い、6ヵ月〜8歳くらいの小さな子供に多い病気です。


種類と症状


中耳炎には主に次の3つの種類があります。

■急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)
風邪から中耳炎になるケースで、細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入り、急性の炎症を起こしている状態です。耳痛や発熱、鼓膜の腫れ、耳だれなどの症状が起こります。最も一般的な中耳炎で、子供に多くみられます。

■滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)
中耳の粘膜の炎症などで耳管が狭くなり、中耳の気圧が外気より低くなることが原因で、中耳の内腔に滲出液(しんしゅつえき)(炎症を起こした粘膜から滲み出した液体や膿)がたまった状態です。耳痛や発熱などはなく、難聴が主な症状になります。子供や高齢者に多くみられます。

■慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)
急性中耳炎や滲出性中耳炎が治らず、炎症が慢性化した状態です。普段は痛みもなく、耳だれもありませんが、外耳道から水が入ったり、風邪がきっかけで悪化し、耳だれを中心とした急性中耳炎の症状が現れます。このような症状の軽快・悪化を繰り返していくうちに、耳小骨(じしょうこつ)の周囲、さらには内耳にまで炎症が及び、内耳性難聴やめまいといった症状へ進行していきます。


日常生活の注意点と再発を防ぐために


鼻を勢いよくかむと、細菌が耳管を通って中耳に感染する原因になります。鼻をかむ時は、ゆっくりと数秒かけるようにしましょう。

中耳炎は、完治したかどうかが分かりにくい病気です。自己判断で治療をやめてしまうと、慢性化したり、再発を繰り返しやすくなります。耳痛、難聴などの症状が治まっても、医師の許可が出るまでは治療を続けましょう。

乳幼児の場合は、耳の痛みを自分で訴えることができないので、十分に様子を観察することが大切です。風邪を引いてから発熱が続く、ぐずりながら耳をしきりに気にする、頭を振る、といった仕草には要注意です。気になる症状がみられたら、早めにかかりつけの病院や耳鼻咽喉科を受診しましょう。