本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第126回 夜尿症(おねしょ)
2015.4


「おねしょ」は幼児期に夜間睡眠中におもらしをすること、「夜尿症(やにょうしょう)」は5〜6歳を過ぎても月に数回以上おねしょがみられることをさします。夜尿症は大変頻度が高く、5〜6歳児で毎晩夜尿がみられる子供が2〜3%、時々みられる子供が15〜16%といわれます。その中で、翌年には約10%が自然軽快し、軽快しなかった子供もまた翌年には10%が改善するといわれています。


夜尿症のタイプ


◆多尿型
 (抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)…

夜間尿量が多いタイプで、抗利尿ホルモン(主に夜間分泌されるホルモンで、尿を濃くして量を減らす働きがあります)分泌不良か、習慣的に水分や塩分を摂りすぎている事が原因です。

◆膀胱型(不安定膀胱)…
膀胱の機能が未発達で、膀胱のためが小さいことがあります。また、寝る前に排尿しても全部出せずに残尿が残る場合もあります。
◇混合型…多尿型・膀胱型が合わさった状態で、より重い症状といえます。

◆混合型…
多尿型・膀胱型が合わさった状態で、より重い症状といえます。


治療の3原則


@起こさない…
おねしょに気が付いても起こさないようにします。夜中に無理に起こすと抗利尿ホルモンの分泌が減って症状が悪化する場合があります。

A焦らない…おねしょの原因はさまざまで、子供ごとに違います。ほかの子や兄弟と比べてもあまり意味がないので、親が焦らないことも大切です。

B怒らない…おねしょをしたくてしてる子供はいません。叱ることで、子供が自尊心や自信を失ってしまうことがあります。


生活改善リスト


■規則正しい生活をする…
早寝、早起き、決まった時間の食事を心掛けましょう。夕食は控えめにして、できるだけ寝る3時間前までに済ませましょう。

■水分の摂り方に気を付ける…
寝る前に水分を摂り過ぎると、おねしょにつながります。水分は朝食と昼食時にたっぷり摂り、昼食後からは控え、夕食時から就寝まではコップ1杯程度にしましょう。

■塩分を控える…
塩分の摂り過ぎは、喉の渇きからおねしょの原因となる水分の摂り過ぎにつながります。

■寝ている時の寒さ(冷え)から守る…
冷えは、尿が作られる量を増やし、膀胱が縮小することにつながります。寝る前にお風呂に入って体を芯から温めたり、あらかじめ布団を暖めておくなど、温かくして寝ましょう。

■寝る前にトイレに行く…
トイレに行ってから寝る習慣をつけましょう。

■夜中、無理にトイレに起こさない…
無理にトイレに起こすと、寝ている時間におしっこをする習慣がつき、おねしょが治りにくくなることがあります。