本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第13回 頭痛         2005.11


 誰でも経験がある頭痛。原因のほとんどは心因性、緊張性のものですが、中には重大な病気が隠れている場合もありますので要注意です。

頭痛は大きく3つに分類されます。
◆ 誰でも起こる日常的な頭痛
風邪や二日酔いの時、かき氷を食べた時などに起こる頭痛。原因がなくなれば痛みもなくなるため、特に心配はいりません。

◆ 頭痛もちの頭痛(慢性頭痛)
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの種類があり、繰り返し起こりますが、脳自体に異常はありません。

◆ 脳などの病気が原因の頭痛
脳やその他なんらかの病気が原因となって起こる危険な頭痛。中には深刻な病気や命にかかわるものもあります。

慢性頭痛の対処法


慢性頭痛は、その種類によって痛み方や対処法が異なります。

●片頭痛(血管性頭痛)
ズキンズキンと脈拍とともに痛む。原因は、睡眠不足あるいは寝すぎ、特定の食品や人混みなど、人によって異なる。
【対処法】
痛みを誘う原因を避ける。規則正しい生活で自律神経の働きを整える。

●緊張型頭痛
ギューッと締めつけられるような痛み。筋肉の緊張や精神的な緊張、ストレスなどが原因。
【対処法】
原因となっている心と体のストレス解消が第一。ストレッチでこりをほぐしたり、気分転換を心がける。

●群発頭痛
目の奥がえぐられるような強烈な痛みが、ある期間毎日同じ時間に起こる。検査しても異常はなく、原因不明。
【対処法】
群発期を予測して予防薬を飲む。群発期はアルコールを避ける。

 上記の頭痛が長期に渡る場合あるいは、上記以外の頭痛、例えば発熱と首のこりを伴い突然襲ってくる激しい頭痛や、視力障害または発話困難を伴う頭痛などの場合は、医師の診察をお受け下さい。