本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第139回 過敏性腸症候群
2016.5


 不安を感じたり緊張したときに、急にお腹が痛くなったり、トイレに行きたくなった経験はありませんか?このような経験を長期間、慢性的に繰り返している場合は、「過敏性腸症候群」の可能性があります。症状がひどい場合は、電車や車の中で急にトイレに行きたくなるため、学校や会社に行けなくなったり、外出を控えるようになり、生活の質を低下させることにつながります。現代のストレス社会では急増している病気の一つです。


症状は?


 腸に原因となる異常が見当たらないのに、腹痛や腹部の不快感、下痢、便秘といった便通異常が起こることが特徴です。大きく分けて3つのタイプに分類されます。

■下痢型…急激な痛みと便意を伴う水のような便が1日3回以上排泄されます。男性に多くみられます。

■便秘型…排便回数が週3回以下に減少します。排便時には腹痛を伴い、強くいきまないと便が出ないことがほとんどです。女性に多く見られます。

■混合型…下痢型と便秘型の症状が、数日ごとに交互に現れます。


原因は?


主な原因はストレスと言われています。脳が不安や緊張といったストレスを感じると、脳と密接な関係にある腸に信号が伝わり、腸の運動に影響を与えます。脳がストレスの刺激を受けると、腸の粘膜から「セロトニン」という物質が過剰に分泌され、腸の運動が異常をきたし、症状が引き起こされます。さらに、こうした苦痛や不安感によって、脳がよりストレスを感じるという悪循環が起こります。


予防法は?


 一番の予防法は、ストレスをためないことです。精神的ストレスだけでなく、身体的ストレス、食物繊維の少ない食事、不規則な生活習慣が原因で症状が起こることがあります。多忙な毎日を過ごしていても、息抜きの時間を作ったり、規則正しい生活で体のリズムを整えることが大切です。

 お腹の不調は日常でもしばしば経験するため、病院に行くほどでもないと軽く考えがちですが、「1日に何度もトイレに駆け込む」「トイレが心配で外出することが不安」というほど悩んでいたら、かかりつけの病院や消化器科、胃腸科に相談しましょう。ストレスが強いような時は、心療内科も受診の対象になります。