本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第140回 カビ
2016.6


 気持ちのいい青葉の季節が過ぎ、蒸し暑い梅雨のシーズンになりました。高温多湿なこの時期は、カビに悩まされる季節でもあります。カビは私たちの健康や生活に大きな影響を及ぼしている存在です。

カビの正体は?


 キノコなどと同じ菌類の仲間です。カビという名前は俗称で、正しくは「真菌」と言います。菌類というと細菌の一種と思われがちですが、たくさんの細胞からなる生物で、細菌とは全く別のものです。また、カビの胞子は目に見えないだけで、空気中のあらゆるところに漂っています。そして、丁度いい温度と湿度と栄養があれば、菌糸を出して増えていきます。

人体に与える影響は?


カビの胞子にアレルギー反応を起こすアレルギー疾患と、カビが体内に侵入することで引き起こされる感染症があります。

アレルギー疾患:
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、
気管支喘息など

感染症:
水虫、カンジタ症など

夏風邪に似た症状があれば要注意!


 咳が止まらない、倦怠感、発熱など、夏風邪と似た症状がある場合は、「夏型過敏性肺炎」の可能性があります。「トリコスポロン」というカビの胞子を吸い込むことによりアレルギー反応が起こります。夏場に家にいると長時間咳が止まらなくなる、家から出ると症状が治まる、毎年夏になると発症し秋になると治まる、などの症状が見られる場合は、一度医療機関を受診しましょう。

夏場のカビ対策


 カビによる病気を予防するためには、カビが繁殖しにくい環境を作ることが大切です。部屋の中だけでなく、押し入れやクローゼットなども頻繁に扉を開けて換気をしましょう。扇風機を回すことも効果的です。台所や浴室は掃除をした後水滴を拭き取ることで湿気を抑えられます。

冷蔵庫の中は低温だから安心と油断していませんか?カビは低温でも生息できるのです。そのため冷蔵庫にもカビは発生します。冷蔵庫の中に物をぎっしり詰め込まないようにし、こまめに掃除をしましょう。

エアコンの内部はカビが生えやすく、その状態で使用すると、かえってカビを飛散させることになります。頻繁にフィルターを掃除しましょう。