本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第144回 主婦湿疹(手湿疹)
2016.10


毎日水仕事をする主婦の方や調理師、美容師などにみられる強い手荒れを「主婦湿疹(手湿疹)」と言います。乾燥する時期は誰でも手が荒れやすく、暖かい時期がくれば良くなると思われがちですが、なかなか主婦湿疹が治らず、通年で悩まされる人も少なくないようです。また、主婦に限らず、男性や子供でも主婦湿疹にかかることがあります。


原因は?


 水や洗剤など、手に刺激となるものに長時間触れていることで、手や指の皮脂や水分が失われ、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下した状態は、外部刺激(水・洗剤・ゴム製品・布・石鹸・シャンプー等)が誘因となり炎症を引き起こします。
また、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患をお持ちの方は、このバリア機能が低い方が多いので、手湿疹の発症率も高くなりやすいと言われています。


症状は?


 「乾燥型」と「湿潤型」のタイプに分けられます。

【乾燥型】皮膚がカサカサし、ひどくなるとひび割れが生じます。指紋が消える、皮膚が硬くなるなどの症状も見られます。個人差はありますが、利き手の親指、人差し指、中指などよく使う指先から症状が始まり、次第に手のひら全体に広がっていくこともあります。

【湿潤型】小さな水ぶくれができるのが特徴です。指の腹や手のひらから発症することが多く、手の甲にも症状が見られます。


保湿することが大切です!


「ワセリン」は水分が蒸発するのを防ぐ効果があるため、水仕事の後や、お風呂の後などに塗ると効果的です。また、「ヘパリン」「尿素」を配合したクリームも有効です。
空気が乾燥する季節に外出する時や家事をする時は、
綿の手袋を着用するのがおすすめです。綿の手袋は通気性もよく、保湿剤の浸透を促進します。水仕事をする時は、綿の手袋をはめてからゴム手袋を着用すると、ゴムの刺激から皮膚を守るだけでなく、ムレも防ぐことができます。さらに、手袋をはめる前に保湿クリームを塗っておくと、保湿効果も高くなります。

主婦湿疹は市販の薬で治すことも可能ですが、改善が見られない場合や、繰り返し症状が出てしまう場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。