本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第148回 大豆
2017.2


節分には「鬼は外、福は内」と叫びながら、炒った大豆をまく行事としてよく知られています。大豆には呪力があるとされ、災難や疫病をもたらす悪い鬼の目を打つ「魔目(まめ)」や鬼を滅する「魔滅(まめつ)」という言葉にも通じると言われています。さらに、この豆は「福豆」と言い、節分の夜に自分の歳より一つ多く食べると身体が丈夫になるといわれています。


栄養満点!大豆の栄養


大豆のたんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なものです。血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの効果があるといわれています。また、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれます。その他にも・・・

○大豆レシチン…
総コレステロールを低下させる作用があります。

○オリゴ糖…
ビフィズス菌を増殖させ、腸の機能を整える作用があります。

○大豆サポニン…
抗酸化作用、またコレステロールなど血中脂質の低下が期待できます。また、がん予防としても注目されています。

○イソフラボン…
骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善する効果があるといわれています。


余った節分の豆を上手に活用しましょう


豆まき用に購入した豆が余っていませんか?余った豆は料理に活用することができます。

◇福茶豆にして飲む 残った豆を軽く炒ってから、茶碗の中に少量入れ、ほうじ茶を注ぐと香ばしい福茶豆ができます。

◇きなこにして活用 ミキサーにかけて粉末にすると、きな粉ができます。牛乳やヨーグルトに入れたり、きな粉もちなどにして食べましょう。

◇ひじき煮、カレーに入れる、ミネストローネなどスープ系の具に活用  水分を含み、加熱されて柔らかくなるので食べやすくなります。

◇サラダのトッピングに活用 硬い豆のままビニール袋に入れ、綿棒などでたたき砕いたものを、食感のアクセントとしてサラダにふりかけます。

大豆のシンプルな味は様々な料理に馴染みやすく、どんな料理にも活用できます。小さな粒にはたくさんの栄養素が詰まっており、大豆の魅力は尽きません。大豆の栄養パワーをもっと取り入れて、私たちの「食」と「健康」をより豊かなものにしていきましょう。