本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第151回 気象病
2017.5


天気が悪い時、何故か眠気が取れず体が怠い、また頭痛や眩暈が起こることはありませんか?血液検査や健康診断で特に異常がないと言われてもこんな症状が出るなら気象病(天気病)と呼ばれる不調が原因かもしれません。気象病とは、気圧や気温の変化によって起こるさまざまな体調不良のことです。


症状は?


○ 頭痛(主に片頭痛)
○ だるさ(倦怠感)
○ やる気が出ない
○ 眠気
○ めまい
○ ふらつき 関節の痛み
○ 肩こり
○ ぜんそく
○ 耳鳴り
○ 手足のむくみがひどくなる
○ 精神の不安定

一般的に上記の症状が挙げられますが、症状は個人によって様々です。


予防法は?


◇規則正しい生活を送る
体調が悪い時は自律神経の働きも低下し、気圧や気温の変化をより受けやすくなります。普段から睡眠時間を十分に取って体を休めましょう。また、太陽の光は眠気や怠さを吹き飛ばしてくれます。

◇適度な運動をする
体を動かすと血圧が上がり、気象病の症状が軽くなります。普段から体を動かすことで体の筋肉や血管、神経等は急な変化に順応しやすくなります。

◇腹式呼吸を心掛ける
お腹を膨らませる腹式呼吸で大きく息を吸い込み、ゆっくり吐き出します。5秒かけて息を吸い、息を吐く時は10秒かけてゆっくり呼吸をします。これを5〜10回程度行ないます。腹式呼吸を習慣づけると、自律神経の切り替えがスムーズになり気象病の予防にも繋がります。