本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第38回 体脂肪  ivacy policy      2007.12


体重が純粋な体の「重さ」であるのに対して、体脂肪率とは体重に占める「脂肪の割合」を表します。一般的には、「体重が重い=肥満」と思われがちですが、体重が標準でも体脂肪率が高ければ、肥満になってしまうのです。

脂肪の種類


■中性脂肪【=トリグリセライド】
※基準値→50〜149mg/dl(空腹時)


●皮下脂肪:
皮膚の下についている脂肪。一度つくと分解されにくいので減りにくい。

●内臓脂肪:肝臓や心臓など、内臓の周りにつく脂肪。溜まりやすく、分解されやすい。血液の中に溶け出し、血中脂肪になりやすい。

●血中脂肪:血液の中に溶けている脂肪。動脈硬化などを引き起こし、糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病の原因となりやすい。

■総コレステロール
※基準値→150〜219mg/dl(空腹時)


●HDL(善玉)コレステロール

体の血管壁に溜まった悪玉コレステロールを取って、肝臓に運んでくれる。
【動脈硬化などを予防する】

●LDL(悪玉)コレステロール
肝臓のコレステロールを体内に運ぶ為、血管壁にこびりつき、動脈硬化を促進する。

■リン価
細胞膜を作る成分。本来は水に溶けない物質(脂肪など)を水になじませる性質を持つ。リン価に包まれると、中性脂肪などが分離せずに、血液の中に溶け出す。


基礎代謝力UPで脂肪をためない体づくりを心がけましょう!


適度な運動をして、体内の筋肉量を増やしましょう!筋肉量を増やす事で、基礎代謝を高め脂肪を燃焼させることができます

筋肉の材料となるたんぱく質をバランスよくとりましょう!
【たんぱく質を豊富に含む食材】
肉・魚・卵・大豆製品・牛乳・乳製品etc

プラスα:肉の中でもヒレ肉やモモ肉、魚の中でもタラやタイを選ぶとよい。調理法も焼く・蒸すなど余分な脂質を取り除く工夫をするとさらに効果的!!

★たんぱく質や脂質の代謝を促す
ビタミンB2・B6を積極的に摂取しましょう!

ビタミンB2:レバー・納豆・牛乳・卵etc
ビタミンB6:鶏胸肉・鮭・鯖・マグロ・玄米・さつま芋・キウイetc

※上記のことに気をつけていても改善が見られない場合は、受診される事をお勧めいたします。