本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第89回 桃の節句   2012.3


3月3日は、桃の節句。ひな人形を飾り、桃の花を供えて女の子の成長を祝うひな祭りです。中国では古来、桃には鬼や悪霊を追い払う霊があると信じられており、これが日本に伝わり、桃の節句でも桃が使われるようになったそうです。

女性にうれしい桃の効果


桃は、漢方薬としても利用されることがあります。おいしく食べて、しかも無駄なく、種や花まで漢方薬として使うことができる桃には、うれしい効果をたくさん期待できます。桃を余すところなく使って、その効果を実感したいものです。

桃の実 
最初日本に渡来した桃の果実は、汁も少なく、味もあまりおいしくなかったそうです。その後の品種改良により、現在のように、大型
化・甘味化が進みました。ビタミン・ミネラル・ペクチンを含み、美肌や便秘改善に効果的です。

桃の葉
漢方では、桃の葉に去風湿(きょふうしつ)・清熱(せいねつ)・殺虫作用があるとされています。日本では古来より、浴用剤として利用され、夏場のあせも、かぶれ、荒れ性などに用いられてきました。

桃の種
桃の種を割ると出てくるのが、「桃仁(とうにん)」と呼ばれる生薬です。桃仁には消炎・鎮痛や、血のめぐりを良くする作用があって、便秘、肩こり、頭痛などにも効果的だと言われています。さらにもう一つ桃仁の注目すべき効果として、婦人病の漢方薬としての役割が挙げられます。生理不順や生理痛、更年期障害など、女性特有の症状の緩和に役立つと言われています。

桃の花
桃の花は「白桃花(はくとうか)」と呼ばれる生薬です。生薬として使われるのはまれですが、むくみの解消や便秘改善の効果があるため、利尿剤や下剤に多く用いられています。


桃の節句は、女の子の無事な成長を願う大切な日本の伝統行事です。毎年この時期には、桃の花がきれいに咲き揃います。女の子が桃の花のように美しくなるよう、お祝いしましょう。