本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第90回 わかめ  ivacy policy    2012.4


春が旬のわかめは、3月から5月にかけて収穫の時期を迎えます。わかめには、人間が生命を維持していくために必要なミネラル(カルシウム・ヨウ素・カリウム・鉄等)や、豊富なビタミン(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB群等)が含まれています。最近では「海の野菜」と呼ばれ、注目を集めています。春ならではの、わかめの風味や食感を味わってみてはいかがでしょうか。

注目されるヌメリ成分


わかめのヌメリ成分は、水溶性の食物繊維のアルギン酸やフコイダンという成分です。アルギン酸はカリウムと協力して体内の余分なナトリウムを排出し、血圧を下げる働きがあります。また、腸内にある余分なコレステロールを体外に排出させて、高脂血症や動脈硬化を防いでくれます。フコイダンは血液をサラサラにする効果があるほか、胃がんの原因とされるピロリ菌を除去する働きがあります。


わかめと相性の良い食べ物


【わかめ+野菜・きのこ類】

わかめと野菜を合わせることで食物繊維の量が増え、便秘の解消効果がアップします。特に、筍と相性がいいので若竹煮や若竹汁がおすすめです。

【わかめ+みそ汁】
アルギン酸がみそ汁の塩分を吸着し、そのまま体外に排出するので、減塩効果があります。高血圧の抑制に効果的です。

【わかめ+油】
ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、ドレッシングを使ったサラダや炒め物にするのがおすすめです。

わかめときのこの炒め物の作り方
《材料 3〜4人分》
■生わかめ 100g
■しめじ 1袋
■えのき茸 1袋
■卵 1個
■オイスターソース 大さじ1と1/2
■酒 大さじ1 
■みりん 大さじ1/2
■油 適量
※わかめは、乾燥や塩蔵のものでも構いません。その場合は、袋の表示どおりに戻してからお使い下さい。

《作り方》
@ しめじとえのき茸は根元を切り落とし、小房に分ける。生わかめは3〜4cmに切る。
A フライパンに油を熱し、溶き卵を入れて炒り卵にし、一旦とりだしておく。
B フライパンに@を入れて中火で炒め、きのこがしんなりとしてきたら、酒・みりん・オイスターソースを順に加える。
C Aの卵を戻し入れ、大きく混ぜ合わせたら火を止める。
D 器に盛り付けて出来上がり♪