本文へスキップ

株式会社リブラは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

第93回 犬咬傷olicy     2012.7


 近年のペットブームで犬や猫を飼う人が増え、それに伴い犬や猫に咬まれて怪我をするケースが増えています。犬に咬まれた際に最初に頭に浮かぶのが狂犬病ではないでしょうか?

 狂犬病は、全世界で毎年約5万人が死亡していますが、ワクチン接種が普及した日本ではペット犬からの感染は心配ありません。注意が必要なのは、犬や猫の口腔内常在菌(パスツレラ菌、ブドウ球菌、レンサ球菌、カプノサイトファーガ・カニモルサス、その他種々の細菌やウイルス等)による感染症です。破傷風の心配もあります。

 その中で近年、報告患者数が増加しているのが、カプノサイトファーガ・カニモルサスを原因とする感染症「カプノサイトファーガ症」です。カプノサイトファーガ症は、犬や猫に咬まれたり、ひっ掻かれたりすることで感染・発症します。発症率そのものは非常に低いと考えられているものの、傷口が小さくても全身症状を呈し、初期症状として、発熱・倦怠感・腹痛・吐き気・頭痛等が現れます。重症化して、敗血症や心内膜炎を発症した場合の死亡率は約30%と高くなります。

 死亡・重症化例は、高齢者や糖尿病、肝炎、アルコール依存症、脾摘後など、何らかの基礎疾患があり、免疫能が低下している場合に多いです。

咬まれた時の応急処置


 まず、傷口を流水で十分に洗います。イソジンやオキシドールのような消毒薬は、傷の治りを遅くするので、傷口内部に使うべきではありません。出血が多い場合は、清潔なタオルを傷口にあてて、上から押さえて止血します。
感染予防には抗生物質の内服が必要です。早急に医療機関を受診しましょう。

犬に咬まれないために・・・


犬が嫌がる本能を知り、気をつけましょう!

犬のテリトリーに近づかないようにしましょう。
いきなり犬に触ったり、目を合わせないようにしましょう。
食べている時、寝ている時、仔犬といる時は近づかないようにしましょう。
見知らぬ犬、怪我や病気をしている犬には触らないようにしましょう。

犬咬傷は、悪化すると治療に時間がかかる上、命に関わる場合もあります。
傷跡も目立ちやすいので、早めに医療機関を受診しましょう。