◎お薬手帳の必要性と活用法

お薬手帳とは

おくすり手帳はみなさんの健康を守る「手帳」です。病院や医院のお薬は、一人ひとりの病気に合わせて処方されています。

「おくすり手帳」とは、あなたに処方されたお薬の名前飲む量使用回数薬を飲む時の注意などを記録し、携帯するための手帳です。

「おくすり手帳」はあなたのお薬を、より安全にそしてより効果的に使っていただくためのものです。お近くの保険薬局で手に入れることができますので、お気軽にご相談下さい。

1人1冊必ずお持ちになって、あなたのお薬の管理にお役立て下さい。


医療機関、薬局では必ず「おくすり手帳」を見せてください

●医師・歯科医師、薬剤師がおくすり手帳の記録をチェックし、今飲んでいる薬との重複や飲み合わせをチェックすることができます。

●病院での処置や治療の際に、飲んでいる薬の情報が必要になることがあります。

●病院・医院のお薬をもらった時、薬局でお薬を調剤してもらった時は、おくすり手帳に記入しましょう。

※健康保険証と一緒に携帯し、医療機関・薬局の窓口では必ず提示しましょう。


薬の名前を覚えていますか?

東日本大震災の時には、おくすり手帳の記録が大変役に立ったと言われています。自分の飲んでいる薬の名前を正確に言える人はとても少ないのです。薬を紛失しても、手帳を見せることにより医師・薬剤師に現在飲んでいる薬を伝えることができ持病を悪化させずに済むのです。


あなたの健康に関する事を手帳に書きましょう

薬で副作用が出たことがある方は、そのことを記入してください。同じ薬が処方されることを防げます。アレルギーに関することやご自身の病気に関することを記録することにより、避けるべき薬の投与を防げます。

普段からお薬についてわからないことや困ったこと、飲んでいて気になったこと体調の変化や、医師・薬剤師に相談したいことなどをメモしておくことにより、あなたの情報を正確に伝えることができます。

また、薬局・薬店で市販のお薬を買った場合や、日常よく飲まれているサプリメントも名前を記録しておきましょう。

おくすり手帳には、アレルギー歴・副作用歴・既往歴を書く欄がありますので、是非ご活用下さい。


「おくすり手帳」はこんな時に役立ちます!

●転居等で、新しい医療機関を受診するとき
●休日診療所や救急病院を受診するとき
●災害・事故・旅行先での容態の急変など緊急の場合の医師の判断に

ご家族にも、あなたがおくすり手帳を持っていることを知らせておきましょう。


「おくすり手帳」は1人1冊で!

飲んでいる(使っている)すべての薬を「1冊に」記録することが大切です。病院ごとや薬局ごとに、別々の手帳を持っていると、必要なチェックができなくなります。1冊に続けて記録することによって、効果を発揮します。

特に、常に飲んでいる薬がある方や、薬で副作用が出たことのある方は、おくすり手帳」はをいつも携帯しましょう。


TOPへ